マンション情報

住宅性能評価書と住宅瑕疵保険

安心を実現する品質保証と住宅瑕疵保険

第3者機関により評価された「住宅性能評価書」の交付や、万が一の場合に備えた「住宅瑕疵保険」に加入しています。

住宅性能評価書で、我が家の品質をいつでも確認・証明できます

国が指定した評価機関が共通ルールに基づき、「構造の安定」や「火災時の安全」などの性能を評価した 「設計住宅性能評価書」を取得しております。また、4回以上の現場検査と竣工検査により、完成時に「建設住宅性能評価書」を取得しております。

住宅性能評価書付のメリット

安心/信頼/有利/トラブル解決

住宅性能表示制度の10項目

住宅性能表示制度の10項目

指定住宅紛争処理機関

住宅取得者と事業者との間でトラブルが生じた場合、1万円の申請手数料だけで専門の弁護士や建築士による迅速な処理(斡旋、調停、仲裁など)が受けられます。

住宅性能評価交付の手順

住宅瑕疵保険に加入

住宅瑕疵担保履行法で10年間の義務付けがされた資力確保の措置のひとつとして、事業者が国土交通大臣の指定する保険法人との間で保険契約を締結。事業者の倒産といった万が一の事態でも、瑕疵の補修等が行われない場合には、購入者に対し保険法人から保険金が支払われます。リバー産業では、法的に義務化される以前の任意の時期から、この制度を導入し、お客様に信頼と安心を約束してきました。

※事業者が倒産した場合の保険金等の金額は瑕疵の補修費用から免責金額(10万円)を除いた額の100%となり、補修を前提として住宅所有者に支払われます。(支払限度額は1住戸あたり2,000万円まで)

保険の仕組み

ページトップへ
Copyright (C) リバー産業. All Rights Reserved.